サイドページロゴ

1933年創業、豊橋市にある宝石時計西川は結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)などのブライダルジュエリーをはじめ、各種ジュエリーから時計までこだわりの品々を取り揃えています。お気軽にご来店ください。

株式会社西川時計店

メール:info@nisikawatokeiten.com

電話番号:0532-54-2751

住所:愛知県豊橋市大手町138番地

営業時間:AM10:00~PM7:00

定休日:毎週火・水曜日

LINE
インスタグラムショップ
インスタグラムブライダル
フェイスブック
Abemaブログ
  •  結婚指輪・婚約指輪   •  honowa 作り手の想い

honowa 作り手の想い

「テクノロジー」×「ハンドメイド」×「想い」

毎日着けるものだから、変形と傷に強い指輪を実現するために

honowaは「特別な鍛造(たんぞう)製法」によって作られています。

最新の技術を実現する機械と、熟練した職人の手仕事が

それぞれの長所を引き出すことによって

一般の指輪とは違ったものを作り出すことができるのです。

一般的な結婚指輪・婚約指輪の製法

鍛造(たんぞう)製法とは?

圧縮・打撃といった力を材料にかけることによって、

金属内部の気泡などの欠陥を圧着させ、

結晶を微細化し、結晶方向を揃えつつ形をつくる 。

その結果、高い強度と靭性をもつ指輪を作ることができるのがメリット。

 

鋳造(ちゅうぞう)とくらべて複雑なデザインを表現することには

向いていないと言われ、オーソドックスなデザインが多い。

鋳造(ちゅうぞう)製法とは?

溶かした地金(金属)を型に流し込んで固めてつくるため、

量産性に優れ、寸法精度が出しやすく、複雑な形状でも作成が可能というメリットがある。

 

ただし、製法の性質上、 金属内部の組織が不均質になりがちで脆弱になる場合がある。

また、地金を型に流し込む際にガスを巻き込むため、

「ス」と言われる空気孔が発生することがある。

それを磨いたり、レーザーなどで消去する工程があるため、

仕上げ具合に差が出たり、納期に影響がでることがある。

honowa「特別な鍛造製法」とは?

honowaを作成するにあたり宝石時計西川が選んだ提携工場は

鍛造をさらに進化させた、

いわば「特別な鍛造製法」の技術を持つ日本で唯一の工場です。

 

それは一般的な鍛造製法と比較しても約1.6倍の強度と約1.2~1.8倍の

硬度を得ることができる特許技術です。

また同時に独自の加工技術により、

鍛造の弱点でもある「繊細なデザインの表現」を

極めて鋳造(キャスト)に近い形で実現することができます。

強度・弾性検査

honowaが採用している鍛造リングと 一般的な鋳造リング を比較検査。
第三者機関による変形が起こり始める荷重を測定。
【試験で使用したリング 素材:Pt950 幅2.8mm 厚さ:1.45mm サイズ11号】

◎一般的な鋳造リング
14.2kgfの荷重でまで塑性変形が起きた。
※塑性(そせい)変形とは、物体に力を加えて変形させ、

その後、力を取り去っても残る状態。 力の大きさが弾性限界を超えた場合に生じる。

◎honowaの鍛造リング
14.2kgfの荷重では弾性変形のみで、塑性変形に至らなかった。
※弾性変形とは、物体に力を加えて生じた変形が、力を取り去ると元に戻る状態。

41.2kgfの荷重で0.1mmの塑性変形が起きた。

◎検査結果

honowaの鍛造リングは鋳造の約3倍、一般的な鍛造の約1.6倍、
強度が優れている。

硬度検査

※Hv硬度(ビッカース硬さ)とは硬さを表す尺度であり
数値が高いほど傷つきにくい。

◎検査結果

honowaの鍛造リングは鋳造の約2倍、一般的な鍛造の約1.2~1.8倍、
傷が付きにくい。